健やかな活力維持を実現する男性サプリメント『FORCE』の専門店

POWERUP 活力維持の秘策をあなたにお届けします!!POWERUP

男性の悩み(活力不足/持続力低下/ナイトライフの不調)克服のために/男性を元気にするマメ知識

「事務仕事で活力が低下する?」


今回のお話はタイトルの通り、

■長時間の事務仕事(デスクワーク、パソコン仕事など)

 が活力低下に繋がる

ということです…。(゚o゚;)



言われてみればイメージがつきそうなお話ですが、

単純に考えても、長時間座ってばかりいれば

運動不足になるというのは当たり前のことですよね。



ただ、問題はそれだけではないんです。( ̄ヘ ̄)



一般的に、

“椅子に座った姿勢”というのは、

下半身を圧迫し、内側の流れを

悪くすると言われています。



いつものお話ですが、ナイトライフにおける

「男性パワー」と「内側の流れ」は

密接に関係しているので、

やはり座った姿勢を長時間続けるのは、

明らかに活力にとってマイナスなのです。




さらに、骨格(神経)の面から考えても

良いことがありません。



デスクで事務仕事をしている時、

ちょうど椅子に当たる部分である「坐骨」には、

坐骨神経はもちろん、骨盤の中央に繋がっている

骨盤神経や陰茎海綿体神経などが通っており、

長時間座ることによって

骨盤底筋に負荷がかかり続けると、これらの血管や

神経にも大きな悪影響をもたらすのです。



下半身への神経伝達を司る各種神経の働きが鈍れば、

こちらもやはり男性パワーにとって

マイナスになってしまうわけです。




・・・(-。-;)・・・




とはいえ、当然ながら仕事をしているわけなので、

ほとんどの方にとって、

「活力が低下するのでデスクワークは絶対に

 やりません! ( ̄ヘ ̄) No! 」

というのは、まず無理なことだと思います。



ですが、例えば



●仕事の合間に適度に身体を動かす


●椅子から立ち上がって

 ストレッチをする


●気分転換を兼ねて

 適宜社内を散歩してみる



といったことならできそうですよね。(^-^)b



これらの運動は、身体のリフレッシュや

スムーズな流れの促進に役立ちます。



ぜひ明日から、できる範囲で構いませんので

取り組んでみてください。



きっと良い結果に繋がると思いますよ。



下半身の神経伝達や筋力、スムーズな流れは

男性パワーに直結するとても重要なポイントです。



デスクワークによる活力面への悪影響を抑えるために、

ぜひ、身体の柔軟性の回復や筋力強化、血流サポートの

対策をとるようにしてみてくださいね。






■【参考資料】「腰痛持ちは活力が低下する?」

■【参考資料】「●●ワットで活力の未来が明るくなる?」




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★今日のポイント★★

長時間の事務仕事(デスクワーク)は、体力の低下は

もちろん、内側の流れや神経伝達の悪化を通じて

男性パワーの低下に繋がる。

仕事の合間にストレッチやウォーキングをしたり、

下半身強化のために筋力トレーニングをするなどの

対策をすることが有用。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━