ただ飲むだけの活力アップを実現する男性サプリメント『FORCE』の専門店

POWERUP 活力アップの秘策をあなたにお届けします!!POWERUP

勃起不全は「正しい知識を学び、信じ、続けること」によって克服できます/勃起不全(ED/インポテンツ)の仕組みと解決策



1.ED(勃起不全・勃起障害・インポテンツ)とは何か

EDとは英語でErectile Dysfunction。
和訳すると「勃起不全(勃起障害)」を意味し、 「満足な性交渉をするために十分な勃起を達成できない、あるいは維持できない状態」
と定義されています。
また、世間一般に言う「インポテンツ」も同じ意味を表しています。

EDには「完全型」、「中等症」、「軽症」があり、例えば中等症は、
「たまに勃起が可能で、セックスの最後まで勃起が維持できる」状態を
表しています。

つまり、たまに問題があるという場合であっても、
それはEDであると考えられています。

簡単に言うと、
「十分に勃起しないためにセックスができない」「一時的に勃起しても途中でだめになってしまう」
といった症状をEDと定義します。

わたちの身の回りでよくある症状を見てみると、
よくある症状
などが挙げられます。

ちなみに世界一有名な、某精力剤を製造しているアメリカのP社の調べによると、
2002年時点の日本におけるEDの推定患者数は約1130万人
成人男性の約3人に1人にものぼるとの調査結果が発表されています。

また、1998年の「日本性科学情報センター」の調査によると、
31歳~79歳の男性のうち、完全なED患者は260万人、中等症は870万人と、
計1130万人
といわれており、P社の調査とほぼ同様の結果が出ています。

さらに、このデータには軽症の患者が含まれていないので、
それを含めると、日本のED人口は1500万人にも及ぶとも言われています。

また、別の資料によると、
アメリカでも3000万人以上のED患者がいるといわれており、
世界的に見ても成人男性の10人に1人以上はEDであると言われています。

全世界で、
これだけ多くの男性がEDの症状に悩まされているということを考慮すると、
EDはもはや一部の人たちに限られた特殊な病気ではなく、
私たちのごく身近にある問題であり、
「男性であれば誰でもEDになる可能性がある」
と言っても過言ではないでしょう。


2.ED(勃起不全・勃起障害・インポテンツ)になる原因

EDには原因別に大きく分けて2種類あります。

ペニスやその勃起に関して肉体的な問題がある「器質性ED」と、
その他の「機能性ED」に分かれます。

『A.器質性ED』

器質性EDとは、
「身体的な障害により、勃起しにくく(あるいは全く勃起しなく)なってしまう」というものです。

「身体的な障害とは何か?」

「器質性ED」の中で多く見られるのが「糖尿病によるED」で、
糖尿病の患者さんの30~60%にEDの症例があると言われています。

その他には、
「脊髄への損傷、脳の障害、動脈硬化、高血圧、骨盤の手術等によるED」と、
「薬の副作用によるED」等があります。

「糖尿病によるED」は、血管が硬く狭くなっているために、
ペニスへの血液の流れが制限される、
神経に障害があるために性的刺激が脳に伝達されない、
等の理由によると考えられています。

「薬の副作用によるED」の代表的なものは、
前立腺肥大にかかった際に用いる女性ホルモン剤の服用により、
男性ホルモンの働きを抑えられてしまい、
勃起が妨げられてしまうというものがあります。

他にも、広く胃薬に含まれるドグマチールという成分も、
男性ホルモンの活動を阻害する働きがあるため、
EDの原因となることがあります。

ちなみに、年齢を重ねるにつれ、精巣の機能が低下し、
男性ホルモン(テストステロン)を作り出す力が失われてくるために起こる、
「加齢によるED」もこちらに含まれます。

『B.機能性ED』

「機能性ED」はさらに二種類に分かれており、
内科的・精神的に具体的な病気である場合には「症状性ED」
特別な身体疾患、精神疾患のない普通の男性に心理的要因から起こるEDを、
「心因性ED」と呼んでいます。

「症状性ED」とは、簡単に要約すると、

1.高血圧・肝臓疾患などの内科的な要因
2.精神分裂症のような精神病による要因
3.薬物乱用等による要因

・・・等により、勃起が妨げられてしまうというものです。

もう少し具体的にあげてみると、

1は高血圧・心臓疾患・肝臓疾患・腎臓疾患・発熱など
2は精神分裂症・躁うつ病・妄想性障害など
3は薬物中毒・薬物依存症・アルコール依存症など


によるEDといえます。

「心因性のED」とは、簡単に要約すると、
「基本的に体に異常はないが、仕事上のストレスなど精神的な原因により、
 勃起しにくくなってしまう」
というものをあらわします。

「精神的な原因とは何か?」

具体的には、
過去のセックスの失敗による不安、
仕事で大きなミスをしたときの不安定な精神状態、
ペニスのサイズに関するコンプレックス、
慢性疲労による軽度のうつ、
女性からの暴言による自信喪失、
日常生活上の心理的ストレスはないが過去に何らかのトラウマを抱えている、

などの原因を指し、これらの理由によって起こる勃起障害を、
「心因性ED」といいます。

「なぜ、心因性のEDが起こるのか?」

勃起が起こるには、
性的刺激(性的刺激とは、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚・想像などによる脳への刺激、もしくはペニスへの直接的な刺激)が必要
なのですが、
精神的なストレスや、潜在的なトラウマがあると、
いくらこのような刺激を与えても、勃起を起こす大脳中枢神経や自律神経、
男性ホルモンの分泌などに問題が起こり、
勃起のメカニズムが正常に作用しなくなってしまうことが原因です。

現在、もっとも多くみられるのが、
この「心因性ED」
です。

心理的ストレスや疲労を長期間に渡って蓄積すると、症状が悪化し、
深刻な心因性EDに発展する可能性があるので、
もし疑いを感じた場合には早期の対応が必要です。



3.勃起のメカニズム

EDの解決方法を考える前に、
まず「なぜ勃起するのか?」について見ていただきたいと思います。

「なぜ勃起するのか?」

勃起に必要な神経は「副交感神経」と呼ばれ、
外界からの刺激に対して反応する自律神経系のひとつで、
ホルモンなどを制御しています。

この神経は、心身ともにリラックス状態にあるとき有効に働く神経、
と言われています。

そして、この「副交感神経」が、
視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚・想像などの刺激、
もしくはペニスへの直接的な刺激を勃起中枢神経へ運ぶことにより、
勃起が起こります。


少し細かく順を追って説明すると、 勃起のメカニズム
という流れになります。

とすると、
この「副交感神経」の機能が低下した場合にEDになると考えられます。

「どんなときに「副交感神経」の機能が低下するのか?」

「副交感神経」が正常に働いている状態は、
通常、リラックスした状態を指しています。

逆に緊張状態や、性的な刺激以外のことに精神が集中している状態が続けば、
「副交感神経」は正常に働きません。

例えば、

■外部からのプレッシャー
■仕事のストレス
■家庭の悩み


などの理由により、「副交感神経」の働きは低下してしまうのです。

これらの理由によってセックスがうまくいかなかったという経験は、
男性であれば誰しも一度は思い当たる節があるのではないでしょうか?


ここまでの話を簡潔にまとめると、
「勃起に必要なのは「副交感神経」であり、「副交感神経」を有効に機能させるためには心身共にリラックスすることが必要」
ということになります。



4.ED(勃起不全・勃起障害・インポテンツ)の解決策

さて、ここで薬に頼らない「EDの解決策」についてご紹介したいのですが、
法律の規定により、大変申し訳ありませんが、
その具体的な方法について、こちらに記載することができません。

ここまでEDの仕組みを書いておいて非常に心苦しいのですが、
法律上どうしてもここに掲載することができないのです。

本当に申し訳ありません。


しかしながら、一つだけお伝えしておきたいことがあります。

それは、

「肉体と精神、両方の面に対して正しいアプローチをとれば、
 誰でも本来の精力をとりもどすことができる」
「正しい知識を学び、信じ、続けることがED克服への一番の近道」

ということです。


あなたはこの長い文章を読み、
ED克服のための基本的な知識を身に付けました。

あとは、

「EDは必ず良くなる。自分は大丈夫だ。」
と信じ、解決のための行動をとるだけです。

そうすれば、あなたはきっと昔のような強い精力を取り戻し、
満足のいくセックスができるようになることと思います。



5.追伸


EDの大きな原因は、
一部の肉体的障害によるものを除けば「心」にあると言われています。


そもそも、男性にとってEDになること自体が、
「まさか、自分が!?」という大きなショックであり、
実は、その必要以上の精神的ストレスが
さらなるEDの悪化を招くことも少なくないのです。

EDの負のスパイラル


EDは負のスパイラルを引き起こします。

上のようなスパイラルは、多くの病気にあてはまることかもしれませんが、
EDに関しては、他の病気に比べてひときわ「心」の状態というものが
症状に大きな影響を与えていると考えられます。


私はそのことを知ってから、
ED改善のためのサプリメントを継続的に摂取しつつ、
なるべくEDのことを意識しないようにして、

「昔のように気楽にセックスを楽しもう」
「たまに調子が悪いことはあるけどそのときはそのときでいいじゃないか」

というポジティブなイメージをもってセックスに臨むようにしたところ、
次第に元気と精力がよみがえってきました。


「私の症状はそんな簡単なものじゃない」と思われる方もいると思いますが、
これは多くのリサーチに基づく事実です。

繰り返しますが、
肉体と精神、両方の面に対して正しいアプローチをとれば、誰でも本来の精力をとりもどすことができます。

あなたとあなたのパートナーが充実した性生活を送られることを
心より願っています!!